スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奄美の魚・2 

漁師一家がお伝えする「奄美大島の魚」パート!です!

これは奄美大島を代表する食用魚(イヤ、我が家の稼ぎ魚とでも言うか)
赤ウルメです!
P1010184.jpg
型がいいでしょー!久々の尺クラスでしたぁー大漁の時は型の良い出荷用の魚を持って帰ってくるんですよっ。
この赤ウルメは「タカサゴ」と言います。



赤ウルメ・・・実は似たような魚がもう1種類あるんですよっ!
クマザサハナムロ」です。
okikumazazahanamuro2.jpg

タカサゴクマザサハナムロの違いわかりますか?
タカサゴには黄緑色の線があります。そして型も大きくなるのがタカサゴですよっ
味はタカサゴの方がおいし~し値段もします!
よく料理屋さんで出されるもの、赤ウルメと書いてある料理、機会があればよーく見てみて下さいネ!タカサゴだったらラッキーですよっ
ちなみに、沖縄では県魚で「グルクン」と呼ばれています。(グルクンも正式にはタカサゴだけのようですが・・・沖縄料理を食べる事がありましたら、どちらか考えてみて下さいネ。笑)


島ではどちらも「赤ウルメ」と言われることが多いのですが、地元の漁師さん達の間では
タカサゴカブ」(更に詳しく言うと「白カブ」「スロカブ」とあって・・・これ以上は、かーなーりマニアなのでやめきマース・笑)
クマザサハナムロウク
と呼ばれています。(もしかしたら南奄美だけか?かなりマニアな島口だと思います)


赤ウルメってどんな味?と言うと・・・(おいも個人的表現です
アジより淡白だけど旨みはかなりあります。
おいもはうちに持ってくる魚の中でこれが一番すきです。
もちろん、ハージン(スジアラ)などの高級魚の方がおいしいですが、そーゆうのは出荷するので家には来ません(笑)

我が家では大体こんな感じで料理します。


さしみ(湯引きするんですよ)
P1010186.jpg
酢・粉わさび・さしみ醤油(甘くてとろり)で食べるのが漁師風。



味噌汁(あさつきがあると最高です・ないのでたまねぎ・笑)
おいものお得意料理・南蛮漬け(1週間以上は日持ちします!)
P1010195.jpg
何故か子供の夕飯風景(爆)南蛮漬け写真だと色が濃くなってからそうですね(汗)しかも型が良すぎて、南蛮漬け向きじゃなかった(爆)
シンプルに塩焼きや干してもグーですが、我が家はこれが一番多いです。

新鮮な魚を毎日当たり前のように食べてる我が家は贅沢なのかなーって思います。
私が生まれ育った関東では、こんなに新鮮な魚なんてめったに食べなかったので(最近は実家のスーパーなどに売られているさしみでさえも鮮度が悪いと思ってしまいます)昔は魚は嫌いだったのですがそんな事も今では嘘のようです。

なんだか今回は色んなカタカナが出てきてわかりにくいかな?
とにかくっっ、奄美の魚はおいしいですよ!
今までの島魚紹介はこちら
島の地魚1